自家製オリーブピクルスへの道(アク抜き試行錯誤編)

2010年10月3日(日) 21:03
カフェナカノ公式LINEスタンプ キグルミのりこ(B型)
大人気のカフェナカノ公式LINEスタンプ、
キグルミのりこ(B型)」です。
お友だちとのトークにぜひ使ってみてね(*^-^*)
上のバナーをクリックしてダウンロード!

自家製オリーブピクルスへの道(アク抜き試行錯誤編)(その1)

今年は、自家菜園potager NAKANOで初めてオリーブの実が収穫できました。

穫ったオリーブをピクルスにしようと思い、アク抜きをしています。
オリーブのアク抜きには苛性ソーダを使わない方法をとっています(何となく怖いので…)。
その方法とは、オリーブを水に漬けておき、その水を毎日取り替えるというものです。

ですが、昨日のアク抜き途中経過編で書いたとおり、ガスが出てきたのは正解なのかとか、いまいちアクが抜けているのかとか、いろいろ不安があったのでアドバイスをお願いしたんです。
そうしたらコメントでアイディアを下さった方がいたのです。teruさん、ありがとうございます!

それは、苛性ソーダの代わりに重曹なら安全にアク抜きできるかもしれないという案です。
というわけで、早速重曹を入れてみましたよ!!

でも、ただ重曹でアクを抜くだけでは面白くないというか…せっかくなので実験してみようと思いまして。
全体の半分は重曹を使い、もう半分はこのまま水だけでアクを抜いてみようと思います。
どうすれば上手にアクが抜けるのか、どうすればおいしくできるのか。
来年以降またオリーブを収穫できたときに、ちょっとでも経験や知識が増えていると、よりおいしいピクルスができるかもしれないですしね(^-^)

で、重曹を入れてみると…

自家製オリーブピクルスへの道(アク抜き試行錯誤編)(その2)

すぐにオリーブが浮いてきました。水溶液の濃度の関係でしょうか?
そして…

自家製オリーブピクルスへの道(アク抜き試行錯誤編)(その3)

ガスが出ています。炭酸ガスでしょうか。
水に漬けるよりも、やはり多めにガスが出ているようです。

というわけで、オリーブが浮き上がってくることに対する対策として、
 ・水をビンの縁ギリギリまで入れ、フタを軽くかぶせる

そして、ガス対策として
 ・フタはきっちり閉めない

という方法を採ってみることにしました。

果たしておいしいオリーブピクルスはできるのか?
これからも、まだまだ何か起きそうですが…
乞う、ご期待!!

◯ cafe NAKANOお店情報
[営業時間] 10:00〜20:00
[定休日] 月曜休(祝日の場合は営業、翌日休)
[駐車場] 4台(縦列含む)
[住所] 浜松市中区佐鳴台5−27−7(ホワイトストリート沿い)
[TEL] 053-445-0655
◯ 詳しい情報は以下のページをご覧ください。
[アクセス]
[トップへ戻る]