バリスタエッセイ「ナカノ永久機関」
ロゴマーク
2017年12月22日(金)
バリスタエッセイなんて題しておきながら、これまでコーヒーだの何だのという内容のものをほとんど書いていないので、たまにはそんなふうのものも書いてみようと思う。
というわけで、今回は店のロゴマークの秘密です。秘密というほどたいそうなこともないけれど。
さて、店のロゴマークは、四角い枠の真ん中にギリシャ文字のファイ「Φ」があって、その下に屋号が記してあるものだ(実際のロゴマークはホームページの一番上に載せてあるので、それを見てください)。
このファイの文字は、中野の「中」をもじっているんだけど、でも実はもうひとつの意味がある。
ファイは記号としてだと、数学の空集合や斜線付きゼロ(Slashed zero)にも使うことがある。厳密にはこれらの記号はそれぞれ違うけれど、代用する場合があるということだ。
店を始めるときに、僕には何の実績もなくて、文字通りゼロからのスタートだったことからこのファイの文字を採用したのだ。
開業したころはいろんな人に「どういう意味なんですか?」と質問された。だけど、六年も経つとそんなふうに聞かれることもなくなった。
それはつまり、このロゴマークが見慣れたものになり、店の存在がいくらかは世間に認められたいうことなのかもしれない。
それはとても光栄なことだけれど、元々ゼロから始まった店だ。これからも皆の期待を良い意味で裏切るような店でありたいと思う次第です。

中野隆靖 Takayasu NAKANO
1972(昭和47)年、静岡県生れ。武蔵工業大学工学部卒業。2011年、カフェナカノ開業。オーナーバリスタ、ラテアーティストとして活躍中。

© 2009-2018 café NAKANO