メイソンジャー・サラダ
カフェナカノ風 <レシピ>
今、おしゃれなニューヨーカー達の間で人気なのがこの「メイソンジャー・サラダ」。日持ちして、持ち運べるおしゃれな作り置きサラダです。
メイソンジャーとは、アメリカのBall社の作っている保存瓶。そのメイソンジャーに材料を順番に詰めていくだけ!簡単でしょ。
下のカフェナカノ風レシピで作り方をご説明しますね。
さあ、一緒に作ってみましょう!

ドレッシング

まず一番はじめにドレッシングを入れます。いきなりですが、ここが最大のポイントです。
というのも、底にドレッシングを入れることでサラダ全体がドレッシングで浸らないようにし、サラダの作り置きができます。
今回はカフェナカノオリジナル「マーマレードドレッシング」を入れました。市販のフレンチドレッシングなどお好きなドレッシングでもおいしくできますよ。

茹でたひよこ豆

茹でたひよこ豆を入れます。
ドレッシングを吸収しないということと、ボリューム感が出るということがオススメの食材です。
固めの野菜から入れていくのがポイントです。

茹でたブロッコリー

茹でたブロッコリーを入れます。
彩りが良く、ドレッシングがよく絡むのでおいしく食べられます。

アーモンド、たまねぎのスライス

煎ったアーモンドスライス、生の玉ねぎのスライスを入れます。
アーモンドスライスの香ばしさ、玉ねぎの香味がサラダ全体を引き締めます。

トマト、クリームチーズ

トマトの角切り、ちぎったクリームチーズを入れます。
トマトとクリームチーズのやわらかな食感と味の濃さがサラダ全体にコクを与えます。

ラ・フランス

ラ・フランスの角切りを入れます。ここがカフェナカノ風のポイントです。
甘いフルーツを入れることで全体がリッチな風味に仕上がります。酸味が好きな場合はりんごや柑橘、キウイなど季節のフルーツでもおいしくできますよ。

レタス

最後にレタスを詰めます。
隙間がないように詰めましょう。そして、フタをしたら完成!
冷蔵庫で5日程度は保存できますが、その際にはメイソンジャーの煮沸消毒はお忘れなく。

 

食べる前にシェイク!
さあ、食べよう!
フタがしっかり閉まっているのを確認して、シェイク、シェイク!
ドレッシングが全体に行き渡ったらフタを開けて食べましょう!

作ってみたいでしょ?
ポイントをおさらい
とっても簡単なのにすごくおしゃれ。作ってみたくなったでしょ?
ポイントをもう一度おさらいします。
これさえ守れば好きな材料を好きなだけ入れてもきっとおいしいですよ。
今回のレシピの材料の一覧はこちらです。
ぜひあなた自身のオリジナルの「メイソンジャー・サラダ」をお楽しみくださいね!

 

メイソンジャー、使い方はあなた次第
どんな使い方で楽しみますか?
メイソンジャーを保存容器だけにしか使わないのはもったいない!
容量480ml、大きな口径のガラス瓶なので、保存容器以外にもいろいろ楽しめます。
ぜひご家庭でこのガラスジャーの楽しみ方を見つけてください。
メイソンジャー 16oz(480ml)
         再入荷! 850円

 

スタイリッシュなカフェウェア
カフェの食器をご家庭でも
メイソンジャー以外にも、カフェナカノのテーブルウェアがお求めいただけます。

 

アクセス

ご注文
電話でのご注文は
053-445-0655まで。

 
楽しくご利用いただくために
ご来店の前にご確認ください
© 2009-2017 cafe NAKANO